若い人

軟骨の保護のためのコンドロイチン

年齢を重ねますと体にいろいろな不具合が出てきますが、その中の一つに関節痛があります。
腰や膝、肩、肘などの関節が痛くなり、場合によっては、運動が困難になります。
このような症状を緩和(治療)するために軟骨を保護する目的とするサプリメントや薬が製品化されています。

これらの主な成分は、コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)とグルコサミン、グルコサミノグルカンなどですが、特に、コンドロイチン硫酸とグルコサミンを組み合わせることで、その効果は倍増すると言われています。
また、これら製品を長期間使うことでの副作用がほとんど無いという事もよく使われる理由になっています。
コンドロイチン硫酸とグルコサミンに関しては、次のような効果が期待できると言われています。

コンドロイチン硫酸は、軟骨を構成する一つの物質で、軟骨を構成している物質のひとつであるコラーゲンと結合することで、軟骨に柔軟性と強靭さを与えています。
コンドロイチン硫酸は、体内で生成されますが、歳とともにその生成能力が落ちてくるために、関節の不具合が起きる一つの原因となります。
コンドロイチン硫酸の製品は、サメや牛などの軟骨から抽出(分離)されたものを使うことが多く、これら動物性の原料から抽出されたものを摂取した時の吸収率は高く、関節炎などの症状の改善に効果が認められています。

グルコサミンは、関節を形作るために重要な働きをしている物質で、また、関節を柔軟に動かせるために必要なヒアルロン酸を作る働きも同時にしています。
グルコサミンが不足することで、関節自体が上手く機能しなくなり、それが直接的に関節の不具合の原因になっていると言われています。
製品としては、カニなどの甲羅から得られるキトチンという物質から抽出されることが一般的で、摂取した場合の吸収率も高いことが知られています。
また、摂取した時には、軟骨の代謝を促す効果が認められています。
コンドロイチンなどを含む製品は、経口摂取することが一般的ですが、医療機関では、血管あるいは筋肉に直接注射することもあります。

Copyright(C) 2013 健康な生活をしていく中で欠かせない栄養素 All Rights Reserved.