若い人

コンドロイチンとグルコサミンの関係

人が運動する時には、体を曲げたり伸ばしたりしますが、その時に重要な働きをするのが関節です。
この関節に不具合が生じますと正常に体を動かせなくなりますので、日常の生活を送るのにも不自由します。
特に歳を重ねてきますと、関節痛などのために不自由な生活を強いられることも多くなります。

関節の疾患では、軟骨の異常が原因であることが多く、それは、コンドロイチン(硫酸)とグルコサミンなどの物質の不足が直接的に関係しています。
関節の一部である軟骨は、コンドロイチン硫酸などのプロテオグリカンと称される物質で出来ています。
コンドロイチン自体は、体の中で作られる物質ですから特に外部から補給する必要はないのですが、年齢とともにその生成量が減ってきますので、それが原因となって関節痛など関節の不具合が起こってきます。

グルコサミンは、体内でブドウ糖から生成される物質です。
この物質は、軟骨に関連した組織の基礎となすもので、それ以外にも、軟骨に栄養を供給したり新陳代謝を促すために必要なヒアルロン酸を生成する働きもしています。
関節の不具合は、上記のコンドロイチンとこのグルコサミンの不足によって起こることが知られています。

関節の不具合が生じた時には、外部からコンドロイチンやグルコサミンを補給することで、症状の改善が認められています。
そのために不足しているコンドロイチンやグルコサミンなど含んだ薬またはサプリメントの製品が数多く販売されています。
コンドロイチンは、コラーゲンなどと共に軟骨を構成している物質ですから、注射などで直接注入することで、関節痛などを緩和、治療することができます。
また、経口で摂取した場合にも効果が認められていますので、サプリメント等としての利用者も多く、副作用がほとんどないことも利点となっています。
このようなことができるようになったのは、近年になって動物の軟骨などから、コンドロイチンやグルコサミンが低コストで抽出できる技術が開発されてきたからです。

Copyright(C) 2013 健康な生活をしていく中で欠かせない栄養素 All Rights Reserved.