若い人

コンドロイチンってどんなもの?

焼き鳥などの食材に軟骨という食感がコリコリしているものがありますが、お酒のツマミにしている人も多いと思います。
この軟骨ですが、その主成分は、コンドロイチン硫酸と呼ばれている物質で、単にコンドロイチンとも言いいます。
このコンドロイチンは、軟骨ばかりでなく皮膚などを含む多く組織の中にも存在していて、それぞれ他の物質との相乗作用で、様々に機能しています。

軟骨の場合には、ヒアルロン酸などと結合して超高分子複合体というものをかたちづくっています。
この超高分子複合体は、軟骨にあるコラーゲン(U型)と一緒になって、細胞外マトリックスというものをかたちづくっています。
そして、この細胞外マトリックスが、軟骨特有の緩衝作用のもとになっています。

皮膚などにあるコンドロイチンも軟骨と同様にコラーゲンなどともに細胞外マトリックスをかたちづくっています。
皮膚などの場合には、このような細胞外マトリックスは、細胞をつなぎ合わせる接着剤のような働きをしていますが、それ以外にも細胞の分裂などのコントロールをしているとも言われています。
また、脳などにあるコンドロイチンは、その発達段階や記憶学習などの機能に深く関わっていると言われています。

一般にコンドロイチンが注目されている理由には、関節の痛みや加齢による関節の不具合などの改善に効果があることや(女性の)肌の保湿効果など美容につかえることがあります。
医薬品やサプリメントで使われるコンドロイチンは、サメや牛などの軟骨からとり出されたものが多いと言います。
コンドロイチンを関節痛などの治療に使う時には、患部に直接注射することで効果がありますが、経口で摂取した場合にはあまり効果がないとされています。
美容関連でコンドロイチンを利用する時には、サプリメントを経口摂取することが普通です。
特に、歳とともに肌は乾燥してきますので、コンドロイチンの保湿効果は肌の老化防止に役に立ちます。

Copyright(C) 2013 健康な生活をしていく中で欠かせない栄養素 All Rights Reserved.