若い人

男性のためのコンドロイチン

コンドロイチンは、関節痛の治療として筋肉や静脈に直接注射することで効果がある物質として医療で使われているものです。
このような事情からサプリメントとしてコンドロイチンを摂取することが行われるようになり一定の需要があります。
男性がコンドロイチンのサプリメントを摂る目的としては、やはり関節痛の予防、改善が大きいのではないでしょうか。

若い頃はともかくとして、歳を取ってきますと体のアチラコチラに不具合が出てきます。
中でも40肩、50肩などの関節痛や腰痛、膝、肘などの痛みは年齢を重ねますと多くの人が経験しているるのではないでしょうか。
これらの関節痛は、関節の軟骨が劣化することで起こるとされていますが、その軟骨を構成している物質のひとつがコンドロイチンですから、これをサプリメントなどで補給することで、改善しようとするのは理にかなっています。

関節の軟骨に関係している物質としては、コンドロイチン以外にグルコサミンやヒアルロン酸、コラーゲンなどがありますので、単独でコンドロイチンを摂ってもその効果は限られます。
そこで、多くのサプリメントには、コンドロイチンに上記の軟骨成分を加えてあります。
ただし、その成分量や成分比は製品によって異なりますので、関節痛の改善を目的とするのでしたら、ある程度、製品の成分を調べて購入することが得策です。

関節痛などの改善には、一日あたり1.2g前後のコンドロイチンとグルコサミンが必要だと言われています。
また、コラーゲンやヒアルロン酸は、これより数分の一から数十分の一程度と少くなくても良いようですが、このような量を摂れる製品がおすすめです。
そして、上記のような製品を購入して摂り続けますと、すぐには無理ですが、最低で一ヶ月、多くは二ヶ月程度しますと効果が現れてくることが多いそうです。
関節痛などは軟骨の劣化が全ての原因ではありませんので、症状によっては運動不足が原因の場合もあります。
年齢に応じた運動を定期的に行うことも必要でしょう。

Copyright(C) 2013 健康な生活をしていく中で欠かせない栄養素 All Rights Reserved.